2021年11月27日

ヤギトコ 地下実験室

Yagitoko Guitar Underground Laboratory Web site

Vintage Bridge& Tailpiece & SteelStuds

VintageParts

Gibson Custom Shop 製などのヴィンテージギターのレプリカには、Vintage パーツは、音が良い!

金属の材質の純度?不純物の含まれる割合?造り込み度?何で現在のパーツより音がイイんだろう?

ブリッジの重さも現在のレプリカよりビンテージの方が、2グラム軽い。

Gibson Custom Shop True Historic LesPaul Bridge 56グラム

1959年製 Gibson Vintage Original Bridge 53グラム

アルミテールピースの重さもビンテージの方が、2グラム軽い。

Montreux Aluminum Tailpiece relic 重さ32グラム

Gibson Custom Shop True Historic Aluminum Tailpiece relic 32グラム

1958年製 Gibson Vintage Original Aluminum Tailpiece 30グラム

ロングスチールスタッドの長さは、ビンテージの方が少し長かった。

触って見た質感や見た目もビンテージとは貫禄が違い過ぎたので、「ビンテージのが絶対に音が良いだろうって、」

サイズや重さを測ることも忘れて、装着してしまいました。(ブログに載せるなら測っておけば良かったと、後悔)

色々パーツを試して見たが、何でか知らんが、ビンテージパーツが1番音が良かった!

ヤギトコさん
ヤギトコさん

ところが、現行のGibsonのギターには、ヴィンテージパーツよりも、ブリッジも、テールピースも現行純正のブラス素材のブリッジとテールピースの方が、音が良い!今の時代の柔らかく鳴りの劣るマホガニーの木材とギターの造りには、ブラス素材が最適!ちゃんとメーカーは考えてエレキギターを造ってます。